忍者ブログ
左端面の彫り込み文字から私が制作した物である事が判りました。さて、只今五面加工機で進行中
KR30NHシリーズの「ホルダー(上)
こちらは我が愛機 横中で行う事に
しました。
実はこのホルダー、
私が現在の町工場に入社してから
初めて制作した物でした。
左端面にあるシリアルNo,の文字が
私のオリジナルデザインで彫られている為、一目で解りました。
しかし…ヤラレタネぇ。 もう何回補修しているんだろう?
ワークの歪はこの段階では(座面が仕上げ面削されている為)
略真っ直ぐです。早速カイサキ加工後、盛金行きです。
こちらはホルダー(下) センターKOピン穴φ41を広げる
こちらはホルダー(下)。 これはカイサキを行って
盛金から帰って来たワークです。
補修するダイ受け丸部は真ん中の2か所ですが、
実はこのホルダーは制作会社のミスなのかどうなのか
解りませんが(私の作ではありません)どうも位置決めピン穴
のピッチや表裏の位置関係の整合性が取れておらず
各穴位置と穴間の測定から入りました。
結果はやはり0.1~0.3mm近くズレており、とりあえず
センターKOピン穴からのそれぞれのKOピン穴のピッチを
修正することから始めました。
写真右はφ41穴を(基準とするのはあまりにも内面の摩耗が
激しいので)穴広げをしているところです。
カッターは三菱AQXφ40-EXロング。
このように突き出し長さを極端に大きくする場合、カッターの振れ
によるチップの損傷には要注意です。しかも内円弧切削で
加工径とカッター径が著しく近いので、送りは極端に落とします。
((加工径)-(カッター径))÷(加工径)=内円弧切削時の送り
(対直線送り速度)という事なので時間が掛かりました。
ダイセット部内面の中仕上げ 12箇所のM24は埋め直しでM36のボルトを挿入し、そのボルトに新たにM24タップを入れます
ダイセット部仕上げは先ずオール0.15mm残しで加工。
次いで、側面仕上げ(底部0.03mm残し)→
底面仕上げ(側面0.015mm残し)という工程で進めます。
(これが私の手法)要するに底面仕上げと側面仕上げを
同時に行わないという事です。
そしてこのホルダー補修 最後の工程が写真右にあります
ねじ山が摩耗して既存のままでは使用できなくなっている
ネジを埋め直すという工程です。
M24P3.0のネジ部にM36P4.0のハイテンションボルトを
挿入し、そのボルトに新規にM24P3.0のネジをたてます。
そしてM8のフォローセットで廻り止めをして完了です。
さぁ もう一回頑張ってくれなぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
(05/28)
(05/27)
(05/26)
(05/25)
(05/20)
(05/19)
(05/18)
(05/17)
(05/16)
(05/15)
(05/14)
(05/13)
(05/12)
(05/11)
(05/10)
(05/09)
(05/08)
(05/07)
(05/06)
(05/05)
(05/04)
(05/03)
(05/03)
(05/02)
(05/01)
最新記事のフィルム
メール
プロフィール
DIYは初心者です
HN:
MCヨッチャン
性別:
男性
職業:
半人前のマシニスト
趣味:
写真、DIY
自己紹介:
「半人前のマシニスト」
MCヨッチャンのBLOGへ
ご来訪下さり
有難うございます。
機械加工が本業のサラリーマンです。
50代半ばを過ぎて外構DIYに出逢い、その難しさや楽しさを書き残そうとの思いで記しています。
拙い記事ばかりですがご意見或いはご感想など頂戴できれば幸いです。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
21 22 23
24 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[03/10 MCヨッチャン]
[02/28 素人の左官]
[02/17 MCヨッチャン]
[02/13 素人の左官]
[01/22 MCヨッチャン]
[01/16 かっちゃん]
[10/11 MCヨッチャン]
[10/08 かっちゃん]
[09/26 MCヨッチャン]
[09/24 素人の左官]
[08/28 MCヨッチャン]
[08/27 かっちゃん]
[06/21 ヨッチャン]
[06/20 素人の左官]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]