忍者ブログ


ラティスフェンスDIY、第4次工事です。
前回では長さ600ミリ+900ミリのフェンスを長手に、
そして900ミリのフェンス1枚を短手に設置し、一応完了
となる所でしたが。。。
今回はママからの要望で
「長手の600ミリフェンスを外して900ミリに変更したい」
との事。
まぁ、まぁ、まぁ。
そうなると基礎の再延長が必要になるので早速取り掛かりました。
なので600ミリフェンスを外して右上写真のように残った僅かな
スペースに基礎打ちから開始です。(トホホっ) 
 


基礎コンが固まらないうちにこれまたカットしたブロックを
めり込ませ方式で設置しました。
で、こうなると手持ちのリブブロックが無いのでここは
別件で購入しておいた(と言うより本来はこの施工用だった?)
C120ブロックのコーナーを使用しました。 
 


そしてブロックの固定が出来たらD10鉄筋を差し、穴にモルタル
を充填しました。
数時間後に再びポールを設置し、フェンスを取り付けました。
これで使用しているフェンスはオール900ミリ×1200ミリ
という事になりましたが、600ミリのフェンスの使い道が
無くなってしまいました。
まぁ、それはそれで考えるとして。



ポールの垂直はこのようなポール用の水平器を使いましたが
そもそも基礎にリブブロックを使っているのでなかなか垂直が
出せない。
X方向(横方向)の垂直はブロックさえ真っ直ぐに立っていれば
そこそこ垂直は出ますがY方向(奥行き方向)はリブブロックの
意匠面がデコボコな為、結局落ち着く所で決まってしまいます。
しかし無機質な通常のブロックをこの基礎には使いたくないと
いう想いを形にしたのだから納得の上です。
ポールの垂直は別で何か手立てを考えなくてはいけないかな?
フェンス自体の強度、とりわけ風圧に耐える安定性を考え、
右写真のように直行する2面に45度で補強を入れました。
これは在来工法の軸組で行われる「火打ち梁」のように
したわけですがこれでガッシリとしました。
只、横からの力に対してこの火打ち梁が突っ張り、別のポール
を折ろうとする応力が発生します。それを打ち消す為には
ポールと地面とを繋ぐような補強が必要になるかもしれません。
それはまた別の機会に考えます。
(あんまり色々考えると頭が混乱しますがポールと地面とを45度の
 角度で固定する金物でも有れば何とかなるかな)
 
 寂しく玄関にもたれ掛る
 600ミリに加工した
 フェンス。

 何なら玄関柱の向こう側が
 丸見えなのでママに
 「ここにポールを追加して
こちらの面も2枚構成にしたらどうかな?」
と提案したら
「良いんじゃない?」
と。
良しっ、決定。
これで完成に一歩近づいたかな?


PR
 

今年の夏季大型連休は正にDIYにどっぷりだったのですが一方
では大型台風も上陸したりして、我が家の庭では花たちの避難で
結構大変でしたが大した被害も無く花たちは無事でした。
 
さて、捨てコンを打ったまま放置していた土留めDIY。
ボチボチ続行しないと感覚が薄れてしまいますので今回は
ベースコンクリートを打ち込む型枠の製作に取り掛かりました。
捨てコンの上に打つベースコンの高さは150ミリを想定して
いましたが手持ちのコンパネが298ミリだったのでこれを
半分にカット、つまり149ミリ幅でカットしました。
コンパネを馬に乗せ、丸鋸ガイドの出代を調整してカット。
使う丸鋸はもちろんDCMカーマのブランド品。
コンパネの板厚が12ミリなので刃の出代は14ミリにセット
しての加工です。 
 
 型枠は3分割になりました。
 と言うのはこのエリアには
 雨水排水パイプが3本も有り、
 1か所はそれを避ける為で、
 もう1か所はコンパネの
 長さが1800ミリなので
 2400ミリの長さが必要な
個所はコンパネを繋がなくてはならないという事です。
それぞれのパーツ毎に2枚づつ切り出しそれを抱き合わせて
丸セパの穴を空けます。穴径はφ9.0ミリとしました。
今回も使用するセパレーターは仕上げ用のC型。
ベースコンの打設幅は200ミリに設計したのでセパレーターの
長さは200ミリを使用します。
コンパネを並べた状況をもとに穴位置を割り付けしますが
今回は下端から70ミリ、ピッチは400ミリで割り付けました。
下端から70ミリとした理由は丸セパの上にD13の主鉄筋が平行に
2本乗りますのでこの位置にしておけば主鉄筋がベースコンの
中央付近に配置されるという理由です。
で、何故姿顕しとなるコンクリート基礎にC型セパを使うのかと
言いますと、単純に楽をしたいからで、熟練のDIYERならピーコン
を使って出来上がりの美観を良くしようとするのでしょうけれど
ピーコンも使う数が増えればそれだけコストが掛かります。
C型の場合はピーコンは不要なので板ナットだけで済みますし、
出来上がりの美観も気にしなければ良いだけの事です。
なので個人的にはこれでダイジョウブ。
脱型後にセパレーターが飛び出している格好になりますが
それはへし折ってしまえば良いし。
 


3個の型枠が出来上がったので一度捨てコンの 上に並べてみました。
ウンウン、まずますこんな感じだな。
この先、ここに打つベースコンの上にC150ブロックを2段積む
予定です。
ブロックの天端高さは既存のレンガデッキと揃える予定なので
ベースコンの天端高さはレンガデッキ上面から400ミリ下がり
という計画です。
C150ブロックに通す縦筋はD13、頂上部のブロックの頭繋ぎも
同じくD13を用い、1段目の空洞穴には全てコンクリートを充填
します。一般的にはブロックの穴埋めにはモルタルを用いますが
今回は今までDIYで作ってきたような構造物ではなく「土留め」
なのでモルタルよりコンクリートの方が強度的に有利だと思いますし
全穴に充填する事で1段目の一体化も少しは強い物になるだろうと
いう読みです。

 で、少し時間があったので
 このリブブロック雛壇と
 業者が施工したコンクリート
 アプローチとの隙間に
 モルタルを詰めました。
 これで水の流れが確保できました。

こうして少しずつではあるけれど庭の景色が
変わってきました。
今ではあの雑木林のようだった昔の庭の景色が夢の中のシーン
に思えます。
涙した事もあったし、倒れそうな体に鞭打ってスコップで土を
漉き取ったり、花たちの大移動があったり。
裏庭の土間コンでは腰痛との激闘があったり、ブロック花壇に
紫陽花を植えたり。
いろんな事が在りましたが今では懐かしくさえ思えます。
てな訳で、ヨッチャンのDIY、まだまだ始まったばかりです。
最新記事のフィルム
メール
プロフィール
DIYは初心者です
HN:
MCヨッチャン
性別:
男性
職業:
半人前のマシニスト
趣味:
写真、DIY
自己紹介:
「半人前のマシニスト」
MCヨッチャンのBLOGへ
ご来訪下さり
有難うございます。
機械加工が本業のサラリーマンです。
50代半ばを過ぎて外構DIYに出逢い、その難しさや楽しさを書き残そうとの思いで記しています。
拙い記事ばかりですがご意見或いはご感想など頂戴できれば幸いです。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
5 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[06/21 ヨッチャン]
[06/20 素人の左官]
[03/19 MCヨッチャン]
[03/18 ピロリ菌]
[03/14 MCヨッチャン]
[03/13 かっちゃん]
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]