忍者ブログ
 

裏庭土間コン第2区画のコンクリート打設は実に数か月振りの
裏庭DIYとなりますがようやく実行に移しました。
このエリアはママの花たちの避難場所となっているのですが
日差しがあまり当たらない場所なので少しでも太陽の光を
浴びる事ができるこの第2区画第1PTの土間コンを完了させたい
という思いです。

砕石はオモテの庭から運んで、ワイヤーメッシュはφ5を
現場でカットして敷きました。  
砕石は今回は足で踏んづけただけで良しとしました。
地盤はカチカチなのできっとダイジョウブでしょう。
でも一応、散水してから踏み固めておきました。
  
 ワイヤーメッシュとブロック
 塀や枠板、そして目地材までの
 クリアランスを40ミリ程度と
 して並べ、一度散水して
 また暫くして散水。
 しかし広いなぁ。
 実は昨日の土留めベースコン
施工で体がかなり疲れているという事が
気になって(普段の自分じゃないよ)と自分に
言い聞かせて。
怪我だけはしないようにしなくちゃ。



で、今回またセメントと砂と砂利の体積比と重量比を確認して
みました。
全て同一のバケツで行っていますが、セメントも砂も砂利も
全て約8Kgで量もほぼ同じ位です。
という事は同じバケツを使えば配分比も簡単に管理出来る
という事ですね。
 
 

コンクリート練りは今回初めて水を加えた(本当の?)
コンクリートに挑戦しました。
で、ミキサーで練りながら気づいた事は、ドラムを縦に
近い角度で使うと全く混ざらないという事。
右写真位まで傾けると調子よく混ざるようです。
そういえば生コン車の上に付いているドラムもこれ位の
角度かな?

 

そして第一回目のコンクリート投入。
続いて2度目の投入。
しかしこの時点でコンクリートの異変に気付きました。
いつもよりシャビシャビで水っぽい。。。
そういえばプラ鏝で均している時もヤケにゴツゴツしていた。
とにかく砂が少ないような感じです。
これが大事件の始まりでした。
ミキサーの所へ戻ってドラムの中をよく見ましたら
ドラムの中に付いている羽の後ろ側やドラムの底部分に
セメントが水分を急速に吸収してしまいカチカチになった
砂がビッシリ付着していました。
(これだぁ!)
という事は今まで打ち込んだコンクリートは全部不良?
です。
ここからは私自身が慌ててパニックになってしまい写真が
有りません。
取り敢えずコンクリートはまだ硬化していないので全て
回収し、ミキサーの中の砂を手で取り出してもう一度
練りました。
幸いにもタイミング的に間に合ったので今度はまともな
コンクリートを流し込みました。
(まともと言っても厳密には完全にアウトですが)
 この日はその他にも孫が帰ってくるという事でママも
大忙しでやる事が全て後手後手になってしまいました。
まぁ、その他にも複数のトラブル等が発生し、結局土間コン
の仕上げは孫をお風呂に入れた後、夜7時過ぎにランタン
と小さな電球の灯りを頼りにして行うはめになって。。。
体力も限界に達しており座ったり立ったりする時に思わず
声が出る程でしたが何とか形にした土間コン。
この後何か不具合が出なけりゃ良いが。
(この日は疲れ果てた時に何時も発動してくれる
 自慢の第2エンジンも不調で、、、泣)
 


こちらは翌日朝の土間コンの様子。
私は仕事なのでママが早朝に写真を撮り、
メールで送ってくれました。
土間鏝1回のみの仕上げなのでやっぱり汚いですねぇ。
これが乾燥して、硬化した1ヶ月後位にどうなるか・・・
もしかしたら壊してやり直しという事も想定して
おかなければいけないでしょう。白化して完全硬化
するその時まで様子見ですね。

写真で見る右側のブロック塀から左の方へ
水勾配を付けていますがその勾配の確認と、
散水した瞬間の土間表面がどうなるかという
確認をしたかったのでママにお願いしたという
事です。

取り敢えずは花たちよ、もう少しの辛抱ですよ~。
次はこの写真の手前、第2区画第2PTの土間コン打ち
を行います。


追記
コンクリートミキサーでの失敗から学んだ事。
初めに砂とセメントではなく、砂利を入れた方が良いのではないか。
何故かと言うと、初めに砂とセメントを入れると砂に含まれる、
或いはミキサー内に残っている水分がセメントに吸われて今回の
ような砂の固まりが出来、それがドラム内に付着したままに
なってしまうのでないかという気がする。
では砂利を最初に入れたらどうなるのか。
それは次回のリベンジで検証するとして、先ず砂利と砂を
投入して、充分に混ざってからセメントを加える方法を
試してみよう。
DIYとは言え、2度連続で失敗する事は避けたい。
今回の失敗は全て私の計画性及びその実行力の無さが生んだ
結果である。
PR


オモテ庭の土留めDIYが区切りとなったのでこちらの裏庭
土間コンの準備を継続しました。
先ず「レーザーレベル君」で墨出しをします。
右写真の奥に見える既存の土間コンから手前側に繋がるような
形の打設で、水勾配も取りながらの施工となりますので
左右の出来上がり高さを最終チェックしそのレベルをブロック塀と
枠板の両方に記します。
 


こちらは出発点になります。
レーザーラインから100ミリ下がり。
(大体ですよ)
 


そしてこちらは手前の低くなる方。
ん? 少し低いけど、高いより良いか。
実はこの裏庭のG.Lの関係で本当は塀沿いの起点のレベルを同じ
もしくは若干の手前下がりとする計画なのでこの数ミリの
誤差は良しとします。



で、次はこの目地材の固定です。
モルタルはバケツで練り、コンクリート打設側に盛り付けるように
してペタペタと。



ブロック塀には水糸を張り、ついでに黄色のマーカーで印を
つけて、枠板には黒のマジックで直線をマーキングしました。



地面スレスレから見るとこんな感じです。
あの丸い枡がやり難いだろうなぁ。
などと考えながら本日はこれで終了。
HOMENext ≫
最新記事のフィルム
メール
プロフィール
DIYは初心者です
HN:
MCヨッチャン
性別:
男性
職業:
半人前のマシニスト
趣味:
写真、DIY
自己紹介:
「半人前のマシニスト」
MCヨッチャンのBLOGへ
ご来訪下さり
有難うございます。
機械加工が本業のサラリーマンです。
50代半ばを過ぎて外構DIYに出逢い、その難しさや楽しさを書き残そうとの思いで記しています。
拙い記事ばかりですがご意見或いはご感想など頂戴できれば幸いです。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 5 6 7
8 10 12
15 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[08/28 MCヨッチャン]
[08/27 かっちゃん]
[06/21 ヨッチャン]
[06/20 素人の左官]
[03/19 MCヨッチャン]
[03/18 ピロリ菌]
[03/14 MCヨッチャン]
[03/13 かっちゃん]
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]