忍者ブログ
機械加工を抱きしめて

[バンコク 3日 ロイター]
 タイ人女性に代理母を依頼したオーストラリア人夫婦が、
生まれた双子のうち、ダウン症だった男の赤ちゃんの引き取りを拒否していることが明らかになった。
代理母のパタラモン・チャンブアさん(21)は、約半年前に双子の男女の赤ちゃんを代理出産した。
妊娠7カ月目に、男の子に障害があることを知らされ、代理出産の仲介業者を通じて赤ちゃんの両親から男の子の中絶を依頼されたが、宗教上の理由から、これを断り出産に至った。
赤ちゃんの両親は健康な女の子だけを引き取りオーストラリアに帰国したという。
メディアの報道によると、男の子の赤ちゃんはダウン症の他にも先天性心疾患を患っており、手術が必要。オーストラリアでは手術費を集める募金活動が始まり、現時点で20万豪ドル(約1900万円)近くの募金が寄せられているという。
今回のケースはタイとオーストラリア両国で議論を呼び、タイでの商業的代理出産の禁止を求める声が上がっている。


この依頼主のオーストラリア人夫婦とタイ人女性の契約がどうであったかは知らないが、
もし、ダウン症だからという理由で引取りを拒否したとしたら。。。。。。

なんという悲しい事実なのか。。。。。
そのオーストラリア人夫婦が欲しがったのは一体何だったのか?と思う。
悲しくて言葉に出来ない。。。。。
命の尊さはそんなものだろうか?
ダウン症は臓器関係の合併症を伴う確立が非常に高い事でこの赤ちゃんも心臓病を患っている。
障害児に対する愛情こそ文明のしかも高度文明の大きな柱になって欲しいと願う私には
誠に涙が流れる出来事でした。

しかしこのタイ人のお母さんには心から応援したい。
仮にこのお母さんにしたたかな計算があったにせよ世界が注目する事に変わりは無い。
願わくば、そのオーストラリア人夫婦が、メディアに出て心境を語ってくれることを期待したい。
そうでなければこの小さな命に申し訳ないだろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事のフィルム
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
[05/12 MCヨッチャン]
[05/12 r]
[06/26 ヨッチャン]
[06/24 ぴぴすか]
[03/06 ヨッチャン]
[03/05 ぴぴすか]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]