忍者ブログ
機械加工を抱きしめて
新聞記事
パキスタンで起きたこの事件。
一部ではイスラム教過激派の仕業との見方もありますが、
このような宗教がらみの事件を見るたびに思う事がある。
それは『何の為の宗教であるのか』という事。
世界三大宗教と呼ばれる 仏教 キリスト教 イスラム教であるが、
この三つは大きく分けて二つに分類する事ができよう。
つまり、理論的な裏付けを根底にした生命哲学である仏教と
そして人類の上に絶対神を置く一神教とである。
仏教は今から約3000年前にインドに出現した釈迦の教えを
口頭による大集結をしたものが経典とされる。
仏教では、人類の最高の幸福境涯の事を「涅槃」「成道」「解脱」「仏界」
等と呼び、この絶対的な幸福を会得する為に修行「自行化他」をし、
そして自らの内面からの変化を起こし幸福に到るというものである。
一方、一神教は人類全てを神の元に置き、神の愛に守られ、そして
神に誓い、契約を持って神の偉大さを広めてゆく事に幸福を感じる
という事なのだろう。
またこの両者の相違として見える事は
東洋の英知たる仏教はその教主釈尊の50有余年にわたる布教(説法)
の中で始めは次元の低い民衆を対象にした教えを広め、徐々にそれを高め、
最後に仏の本質が実は我々自身であり、それは無始無終の無限の
生命自体であると明かし、苦も楽も全て原因結果において自らの中にある
という事を説きます。したがってこれは自力本願と言えると思います。

一方、一神教においては「神学」に代表されるように、一見 科学的に
思える事であっても、実はそれは森羅万象全てのものは唯一絶対の
神の愛 恵み 浪費 などの事物として捉え、その中で選ばれし民族が
如何にしてその愛敬に報恩感謝して生きるか という概念が基本にあります。
したがって不幸の根源は神の意志とは異なる振る舞いが原因であり、
幸福とは神に感謝する全ての行為であるとされる傾向が強い。
これを一言で言えば他力本願と言えるかもしれない。
その中で問題なるのが、「選ばれし民族」と「そうではない民族」を
基点に置く為に発生する排他的思想であろう。
仏教があくまでも科学的また理論的に生命の根幹を解明しているのに
対し、一神教は唯一絶対神のみが全ての価値判断基準であり、
また、正義の御旗なのである。

過激派と呼ばれる信者達にとって、我等が民族、国家、宗教を認めない
ものは全て排他すべき対象となる危険性が生じるのはある意味やむを得ない。
そこで私はいつも思うのだが、
今、この時代に釈迦とキリストとマホメッドがそれぞれ
仏典と旧約聖書とコーランを持ち寄って三者会議を開いた場合、
世界の紛争はかなり減るのではないだろうかという事である。
もちろん、過去も今もそれらの宗教がらみの紛争の陰には
政治的陰謀や戦略が大きく影響しているだろう事位は承知の上で
申し上げているのであるが、少なくともその政治的陰謀や戦略の
大義名分は彼等創始者の発する言葉の前には大して意味を持たなくだろう
とも思えるのである。
そう思うと、真の宗教者が真の宗教者たる為には、
今一度、原点を見つめ直し、人類にとって価値を創造する為の術としての
宗教という振る舞いをして欲しいと思うのであります。
宗教は決して反価値的なモノではなく、人類に恒久平和と分け隔ての無い
幸福をもたらすものであって欲しいと切に願う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
難しいお話ですね。
日本では一般常識でいえば、オウムとか新世界とかおかしい世界と思いますが
当事者にとってはそれがいたって当たり前の世界かもしれない。

恋は盲目 その恋を得るために善も悪もなく自分の命も投げ出せる!
例えは変ですがそんな心境なのでしょうか
きっと生きていくのが必死の国では神と言うものを信じやすくなるのかも?
そして信じた相手が悪者だったらその人も当然悪者になっちゃいますね。
頭が悪いので話がおかしくなってますが僕は神に会ったことはありません。

ちなみにまったく関係ない話でお恥ずかしいですが「横中繰り」は よこなかぐり
と読むのでしょうか? 最近 よこましと言うのが 横マシニングの略だと思っています。
おみ 2007/12/28(Fri)08:24:32 編集
» マシニングと横中繰りは別です
おみ様
コメント有難うございます。
宗教は難しいと思えばそうですが、
釈迦は「涅槃経」という経文の中で「依法不依人」
という言葉を残しており、これは「法に依って人に依らざれ」と読みます、
この文の意味は仏の教えを実践する時の肝要として、
『あくまでも法を基準とするべきであり、決してその時々の指導者(個人又は人)
のいう事を基準にしてはならない』という事です。
ですからこの事を念頭に入れて新興宗教(仏教まがいの)などを見れば
それが教主釈迦の心とは違っているという事が簡単に見抜けるわけです。

さて横中繰り(よこなかぐり)とマシニングの違いですが、

横中繰り:重切削 一品加工を重視
     コラムはY軸
     主軸の繰り出しがある
     摺動面にクサビで精度保持

マシニング:数物 スピード重視
      コラムがZ軸
      LMガイドによりクサビではなくコロで動く為、
      恒久的な精度保持が期待できる
という点が主に異なるところだそうです。

また、マシニングに比べて作業者個々の技能やスキルにおいて
より高いものを求められるのが横中繰りです。
MCヨッチャン 2007/12/28(Fri)10:06:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事のフィルム
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
[05/12 MCヨッチャン]
[05/12 r]
[06/26 ヨッチャン]
[06/24 ぴぴすか]
[03/06 ヨッチャン]
[03/05 ぴぴすか]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]