忍者ブログ
機械加工を抱きしめて

 福田首相が9日に日本記者クラブで発表する地球温暖化対策に関する新たな指針の全容が7日、明らかになった。 7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に向けて検討してきたもので、焦点となっている、温室効果ガスの排出枠を、企業間で取引する排出量取引制度について、国内で導入する方針を初めて明確に表明する。導入に向け、今年秋から産業・金融界に呼びかけ、大規模な試行実験を行う計画を打ち出す。
また、夏季に時間を1時間早めるサマータイム制度を、2010年にも導入することを目指す考えを表明する。 新たな指針は、サミット議長国を務める日本の首相として、「低炭素社会」実現に向けた包括的な提案をするもので、国内外の議論を主導するのが狙いだ。
首相は9日、排出量取引について、「制度の問題点の列挙に時間を費やすのでなく、日本自ら積極的に国際ルールの設定に参画する考えから、『日本型の取引制度』導入に向け、今年秋から大規模実験を行う」と表明する。
 また、2050年までのガス排出量を、「現状より60~80%削減する」との長期目標を明示する。一方、20~30年ごろまでのガス削減の中期目標については、05年を新たな基準とし、日本がどこまで削減が可能かを示す「試算値」を紹介する予定だ。
 温室効果ガス排出量に関する20~30年ごろまでの国別の中期目標設定は、13年からの「ポスト京都議定書」の国際的枠組み作りで最大の焦点となっている。首相は日本独自の「試算値」を初めて公表し、議論に弾みをつけたい考えだ。
 サマータイムは職場や学校で始業・終業時間が早まる分、省エネにつながるとされる
                            (2008年6月8日03時02分  読売新聞)

これには賛成しかねるなぁ。
先ず、昼夜交代制を敷いている製造業(大企業は多いだろう)
ではどうなる? 交代時間が移動するだけのことだろう。
そして我が町工場のような従業員50人未満の製造業では?
朝一時間早く出社して、終わりが4時?
多分、オーバータイムの作業時間が増えるだけで
大した効果はないだろう。
むしろ逆に体内時計の狂い等が原因で体調を壊し、
精神科医に掛る患者が増えるだろう。
つまり、町工場の稼動時間が上昇し、
病人が急増し、そしておそらくCO2削減の最も大きな
ターゲットといわれる重工業では実質大きな改善は
見られないという結果に終わると思うが。
私は過去にアメリカでフライス加工をしてきた経験を
持ちますが、確かにあの国ではサマータイムは定着していた。
そこへ、この制度に不慣れな日本人が行けばどうなったか?
現場職の者は労働時間が増えるだけ。
そして営業職は定時終了が早い分、まだ空は明るい。
したがって格安のゴルフ場で芝刈り三昧となったのである。
結局のところ、夜間の時間に余裕が出れば裕福層は
更に消費を拡大し、中間層は更に労働し、
低所得層は悶々とした時間を延ばすのが関の山なのである。
当然、犯罪も減りはしないだろう。
そこへ持ってきて与党の一部議員達の間で最近動き出した
中川さんの『移民1000万人受け入れ構想』等が
現実のものになり、『タバコ1箱1000円構』も
現実になり、『ガソリンの超高価格』も改善されず、
そして消費税も多分8~10%位にするんだろう。
しょ~じき ヤメテッ そんなの!!
でも マシニストの皆さんは どう思っているのかなぁ?
聞いてみよう!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事のフィルム
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
[05/12 MCヨッチャン]
[05/12 r]
[06/26 ヨッチャン]
[06/24 ぴぴすか]
[03/06 ヨッチャン]
[03/05 ぴぴすか]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]