忍者ブログ
機械加工を抱きしめて
女優の鈴木蘭々(38)が、28日放送の日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』に出演し、18歳の時に亡くなった兄への想いを涙ながらに語った。
鈴木の兄は、生まれつき軽い知的障害を持って生まれたといい、「なんでこんなことができないのって言って、兄を悲しませたこともあった」と回顧。モデル業が忙しくなったことを理由に、当時18歳だった鈴木が一人暮らしを始めた2日後、「母が15分ぐらい買い物に出たとき、心筋梗塞で亡くなった」と告白。「誰も看取れなかった」ことを悔いた。 兄を亡くして以降、鈴木は、これまであまり受からなかったオーディションに「受かるように」なり、ブレイクのきっかけにもなった『ポッキッキーズ』への出演も決定した。しかし、胸中は複雑だったようで「それは、兄が本当は神様からもらう分の幸せ。願いがかなえばかなうほど、うれしい一方、後ろめたかった」と目を潤ませた。 昨年12月に芸能生活25周年記念ライブを開催するなど、女優として活躍し続けている鈴木は「あるとき、命を頂いている分、一生懸命頑張ろうって思った。20年間、1日も忘れたことはないし、これが自分のせめてもの償い。涙が流れることもあったけど、だんだん悲しい涙が、ありがとうの涙に変わった。長い時間かけてですけど。去年がちょうど兄が亡くなって20年。心から、悲しい気持ちじゃなく、感謝の気持ちになった」と心境の変化も報告し、亡き兄に感謝していた。
三重県で一人の夜を過ごす事約半年。
夜は専ら翌日の加工PRGを作りながらテレビを観ていますが、
この鈴木爛々さんの言葉に私は何か神がかり的な言葉を投げかけられているような思いになりました。
私自身も最重度の知的障害を持つ長男の事を一瞬たりとも忘れた事はない。
だから週末に帰宅した折には時間の許す限り一緒にいるし、時間があれば散歩に連れ出します。
本人はどんな気持ちでいるのだろうかなどと考えたりしながらまるで独り言のように単語を繰り返す長男の言葉にこちらもオウム返しをしたり、また語りかけたり。
知的障害を持つ人は短命だという医師がいるけれどそれはもとより覚悟の上。
この世に生まれ来た我が子の生命尽きるまで一緒にいようと思う。
この子の為に苦しんで、そして踏ん張って、そして光を見つけて。。。。
この子がいるから他の人には体験できない幸せを持つことが出来たと、
今ははっきり言える。
そして私も長男に感謝の気持ちでいっぱいである。
生命には左右も無ければ重軽も無く、全てが尊いのである。
それを教えてくれたのは紛れもなく長男だと確信する。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事のフィルム
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
[05/12 MCヨッチャン]
[05/12 r]
[06/26 ヨッチャン]
[06/24 ぴぴすか]
[03/06 ヨッチャン]
[03/05 ぴぴすか]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]