忍者ブログ
機械加工を抱きしめて

大相撲・時津風部屋の力士急死事件で、序ノ口力士斉藤俊(たかし)さん(当時17)
=しこ名・時太山(ときたいざん)=の遺体の外傷が体の裏側に集中していたことが、
愛知県警特別捜査本部の調べでわかった。棒で殴ったような傷で、
うつぶせやひざまずくなど無抵抗な姿勢で暴行された可能性が高いという。
特捜本部は、傷害致死容疑で逮捕した前時津風親方の山本順一容疑者(57)
が主張する「通常のけいこ」を逸脱していたことを示す重要な証拠とみている。 
 また、暴行には計7人程度の兄弟子が加わったとみられるが、特捜本部は
暴行時のそれぞれの役割を特定。同容疑で逮捕された兄弟子3人は、
主導的に関与していたことも分かった。 
 調べでは、特に目立つ傷は3カ所で、遺体の右脇腹、太ももの外側と裏側にあった。
いずれも、中央が白く、その両側に帯状の赤い腫れが浮き上がる
「二重条痕」と呼ばれる皮膚変色が見られた。
表面のなめらかな棒状の鈍器で強打されるとできる傷で、
右脇腹の傷付近では肋骨(ろっこつ)と胸骨を結ぶ肋軟骨が折れていたという。
このほか、尻や太ももの裏、背中、肩の後ろなどで特に内出血がひどいという。 
 特捜本部は長さ約1メートル、直径約5センチの木の棒2本、空のビール瓶、
金属バットを押収。逮捕された前親方と兄弟子3人は調べに対し、
凶器として使ったことを認めているという。 
 棒やバットを主に使ったとされるのは伊塚雄一郎容疑者(25)
=同・怒濤(どとう)。死亡前日の昨年6月25日に木の棒を、
26日の「ぶつかりげいこ」では金属バットを持ち出し、暴行をエスカレートさせたという。 
 25日夜の暴行は、藤居正憲容疑者(22)=同・時王丸=が主導したとされる。
前親方の指示に従って鉄砲柱に斉藤さんを縛り付け、「根性を入れる」として率先して
殴ったりけったりしたという。 
 26日の「ぶつかりげいこ」は、木村正和容疑者(24)=同・明義豊(あきゆたか)=
が主に斉藤さんの相手をした。突っ伏した斉藤さんに約20発の張り手を浴びせ、
土俵上を引きずり回したうえ、けり上げるなどしたとされる。 
 ほかの兄弟子も加わって暴行が続いている最中に、前親方は使用を
促すように木の棒を土俵内に投げ入れたという。 
 「ぶつかりげいこ」が始まったのは、前親方がかしわ手を打って「ごっつぁんです」
と言い、けいこをいったん終了した後だった。このため、特捜本部は、
前親方もこの暴行がけいこではないことを認識していたとみている。 
               「asahi.com」より


この事件を見ていて二つ気になる事がある。
一つは何か民族的な要素を含んではいないか ということ。
もう一つは被害者本人はもしかしたら(間違っていうるとは思うが)
精神薄弱児だったのではないか という事。
何れも報道では触れられてはいないが、どうも気になる。
仮にそうだとしたら彼の親御さんもその点で「相撲」という世界に
かなりの期待感をお持ちになった上でのご決断だったのだろうと思う。
私は最重度の自閉症を持つ長男を見ていて
同じ感覚を受けるのである。
もし、彼がそのような自閉傾向又は高機能障害(アスペルガー症候群)
を持っているとしたら、他の力士達の鬱憤(うっぷん)晴らしの標的にされていた事も
想像できる。
通常の健常者で、このような精神薄弱の事を理解していない場合、
彼らのその言動や人との関わり方や接し方においてハッキリとした違いが
あるわけだから普通は腹が立つし、また彼らはやり返す事は殆ど無い
(と思う)のでやりたい放題になるのである。
誠に私の勝手な想像なので、どうか叱らないで頂きたいが、
本当に被害者がそうだったなら、これを表沙汰にすれば相撲界自体の転覆
に繋がるので出さないのではないだろうか。
そして初めに書いた「民族的な要素」はこれも外れていると思うが、
加害者の中には在日のかたもいるのではないだろうかという気がする。
はたして真相は如何に。

ここで皆さんに一度考えて頂きたいのは、
皆さんも子供のころ 或いは今でも このような知的障害を持った方と
接触した事があると思いますが、
彼らは何の為に生まれてきたのか。 何処を向いて生きてゆけばよいのか。
私はそういう子を持つ親としていつもその事を考えています。
常に人の世話になり、特殊な施設が無ければその家族も困る。
そしてその事にコストが掛ると政治家たちは考え、
それまで無料だった施設の利用料を有料化した。
また同じ介護でも他方では、高齢者の介護施設をこれまた高い金額でしか
利用できなくしてしまった。
医療も崩壊しかけている。
後期高齢者医療では受けたくても受けられない医療ができる。
これらは全て小泉元総理の改革の結果でありますが、
今となっては後の祭りです。
しかし彼らはそれでも生きてゆかなくてはなりません。
一般の健常者と社会にとって彼らの存在意義とは何なのか。
私は愛がある故に彼らがいる と思います。
私達が本当の強き愛を失わないように無言のメッセージを
持って生まれてきたのだと思います。
皆さんは どう 思いますか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事のフィルム
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
[05/12 MCヨッチャン]
[05/12 r]
[06/26 ヨッチャン]
[06/24 ぴぴすか]
[03/06 ヨッチャン]
[03/05 ぴぴすか]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]