忍者ブログ
機械加工を抱きしめて
百田尚樹さんの作家デビュー作なのかな?
この映画はかつての「男たちの大和」のように日本人の魂の奥底に存在する静かなる熱さを表現してくれるだろう。
ゼロ戦といえば今年何かと話題になっているものだがこの優秀機に搭乗した人にしか体感できない世界があったと私は思う。故坂井先生もそうだったように大戦末期のB29迎撃部隊だった剣部隊などのように新鋭機「紫電改」や「雷電」「疾風」等がようやく米軍機と対等の戦いができたという状況下でも坂井先生は零戦を駆って飛び上がったのである。
それは現在の我々には理解できない ”零戦と搭乗員の絆”” が有ったのだと思う。
運動性と高速性、航続距離を重視する為に人命を軽視したと言われるゼロ戦ですが実際はそうではなく、当時のエンジン出力では重厚な防弾装備は無理だったのであり堀越先生の設計思想はあの当時の海軍の要求する諸性能を満たす為の極限だったのだ。(実際、零戦の開発から中島飛行機は降りている)
余談だが、大戦中期からは零戦の自慢としていたそれらの性能を凌ぐ戦闘機を米軍は実戦配備している。当然、搭乗員もそれを熟知しており、その上でも当時の搭乗員達は一対一の格闘戦では絶対に負けない自信があったと誰もが言っている。
それは日本のパイロットの誇りでもあり、戦闘員としてのプライドを維持する最後の砦だったと思います。そしてこれも余談だが当時の戦闘機の戦いの中で日本搭乗員達の中には米軍機の火力の威力や搭載数、防弾の性能などを羨ましいと思う方たちも多かったという。
無効は12.7mm機銃6丁、こちらは7.7mm機銃2丁。向こうは巡航速度も最高速度もこちらより100Km/h以上も速い。そしてミッドウエー海戦後の搭乗員の練度も向こうの方が遥かに上で、それを如実に示したのがあの「マリアナの七面鳥撃ち」である。

恋も知らず、或いは子供の将来を見ることもできず、家族や大切な人を悲しませる事が分かっているのに特攻出撃したあの若者たちの命は何なのか。
それを今一度深く考える時が来ているのではないかな?
意味も無く戦争をしたのではない。
意味も無く特攻に散ったのではない。
今の我々の幸福は彼らの尊い犠牲の上に成り立っているのだという事を現在の日本人は忘れているのでないのか?
(想像だが)「天皇陛下万歳」と叫んで散った兵士は士官が殆どで、実際の最前線の兵士は皆 家族や愛する人を思い浮かべて昇華されたのだろうと思う。
そうじゃなきゃ嘘だろう。
そして最近のアジアを見たらどうであろうか。
日本の歴史認識とか何とか?などと喚いているのは中国と韓国くらいのもので他のアジア諸国は何も言わない。
 それは(結果論だが)あの大戦でアジア諸国は、長らく続いた欧米支配からアジア民族が独立できることを体験したからであり、日本は責任を持って戦後保障も行ってきたからである。
それを示すように戦後この地域には沢山の独立国が誕生した。
一方、戦争という悲惨な歴史は過去の歴史として我々は学ばなくてはならない。
ABCD包囲網の事、真珠湾奇襲にまつわる事、アジアの住民に行った虐殺や島々で玉砕した戦闘部隊の事、そして沖縄戦や原爆投下の事などは本来教科書で学ばなくてはならないだろうと思う。 
   だが現在の日本の姿は間違いなくアジアのリーダーでもある。
中国や韓国が日本に決定的な手出しをしないのは日本人の本来の誇りを恐れるからであり、天皇が在する大和の国を恐れるからである。
天皇陛下は日本の生命であり大和の国の柱である。
我々日本人は天皇の国に住む民族なのである。
 いざとなれば自己の命を家族のために投げ打つ覚悟のできる民族なのである。
そして優秀で礼儀正しく思いやりのある単一民族である。
確かに日米同盟や自衛隊の存在は大きいが日本が戦後他国との争いを一度も行わなかった理由はそういった日本人の毅然とした立居振る舞いがあったからこそでありその礎は紛れもなくあの特攻精神に起因すると信じる。

 日本人はすばらしい民族である。
そういった気持ちを持っていたいなぁ。
だから この映画は若い方たちに観てもらいたいなぁ。
我々は誇り高き日本人なのだという事を心で、いや 命で学んでほしい。
そうじゃなきゃ先人たちに顔向けできない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事のフィルム
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
[05/12 MCヨッチャン]
[05/12 r]
[06/26 ヨッチャン]
[06/24 ぴぴすか]
[03/06 ヨッチャン]
[03/05 ぴぴすか]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]