忍者ブログ
 さぁ、難しい壁のモルタル仕上げ
 続行です。
 前回の作業で私の思い込みだった?
 モルタル黄金比ではダメで、左官砂に
 その可能性を見出した訳でして、
 今回はH.Cで売っている砂をフルイに
 かけた物を使ってみる事にしました。


 で、実際にやってみたら結構大きな粒
(砂と言うより小さな石ころ)
 が沢山入っていました。
 この大きな粒が鏝の下でガリガリと
 なって鏝圧が十分に加えられない状況
 を作っているんですね。
 だからプロの左官屋さんは砂をフルイに
かけるんですかね?
ようやく理解した私ですが同時に若干の希望が湧いてきました。

 こうして細かい砂のみでモルタルを
 練ってみると、
 (ワァオー)っという感じで
 キメが細かいし、練っている段階で
 鏝圧がしっかり入るというイメージ
 です。
 これなら行ける。
で、水は少な目にして少し固めがキモです。
この時の手順は、メトローズを加えて空練りして
2倍に薄めたハイフレックスを少々加えて団子状に練ってから水を加えました。
(この方法が正しいのかどうかは分かりませんが)

 仕上げはこのコーナー定規の
 ラインを目指して塗り付けます。

 コーナー定規は結果的には
 随分効果が有りますが
 それを生かすも殺すもやはり
 自分の鏝捌きの技量だと思います。
但し、一定の基準にはなりますから無いよりは有った方が断然綺麗に
仕上がるはずです。
ちなみに、何も表面処理をしていないブロック面に定規を貼る時に
私は補修用モルタルで点付けしましたがこれでも翌日にはしっかり
くっ付いていました。多分、くっ付き系の物なら何でも良いのではないかな?
最終的にはモルタルで塞がっちゃうんだしね。
 
 

これは中塗り鏝で下からベチャーっとやりながら何とか全面に
モルタルを塗り付けた様子です。
ここで気付いた事は、先ず周りから進めて定規に寄り付かせる事
でモルタルの落下が減少するという事でしょうか。
逆に言えば何も無い平面では鏝が抜ける瞬間まで鏝圧をかける
事は素人には難しい。
(私は上端場にも木の定規を釘打ちしました)
なので定規に向かって鏝を擦り付けるようにもって行くと
モルタルが食いつきます。
そうすれば後はその食いついたモルタル目指してドンドン
塗りつけてゆけば良い。
塗りつけながら仕上げ鏝で可能な限り平らにして、
木の角材を水で濡らし、尚且つモルタル面にも水を”エイッ”と
掛けて木の角材で下から上にジャッジャッと表面を平らに
すると言う作業を繰り返します。
木の角材でモルタルが多い部分は削ぎ取り、足らない部分は
塗り足しながら平面を出して行くという訳ですが実はこれが
非常に難しいんです。
木の角材は常に濡れていなければモルタルがくっ付いてきます。
まぁ、これも一つの経験値なので間違いじゃないでしょう。

 そうして仕上げたのが
 こちらです。

 やはり素人ですから
 こんなものです。
 綺麗な平らにはなりませんね。

でも良いんです。DIYですから自分が妥協せずがんばった上で納得
できればそれで良いんです。

 

さて、次は中央です。
中央を仕上げたら塀と花壇の隙間にモルタルを充填します。

ゴールは近い!




 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事のフィルム
メール
プロフィール
DIYは初心者です
HN:
MCヨッチャン
性別:
男性
職業:
半人前のマシニスト
趣味:
写真、DIY
自己紹介:
「半人前のマシニスト」
MCヨッチャンのBLOGへ
ご来訪下さり
有難うございます。
機械加工が本業のサラリーマンです。
50代半ばを過ぎて外構DIYに出逢い、その難しさや楽しさを書き残そうとの思いで記しています。
拙い記事ばかりですがご意見或いはご感想など頂戴できれば幸いです。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 5
11 14
17 19
28 29
30
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者ポイント広告
バーコード
最新CM
[06/21 ヨッチャン]
[06/20 素人の左官]
[03/19 MCヨッチャン]
[03/18 ピロリ菌]
[03/14 MCヨッチャン]
[03/13 かっちゃん]
[05/30 MCヨッチャン]
[05/29 ピロリ菌]
[05/05 MCヨッチャン]
[05/03 tanaharu]
[12/18 MCヨッチャン]
[12/18 まっどだいまる]
[12/14 MCヨッチャン]
[11/16 ぽん]
最新TB
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © [ 「半人前のマシニスト」☆ MC ヨッチャンのBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]